Feeds:
投稿
コメント

愛知 仕事

中国の文化はどうしてあるべきな魅力を展示していません    
私はか
つて1位の中国に対して友好的な米国の音楽人を聞いて言います:“全ての初めて中国に来た西洋人はいずれも少しびっくりして、どうして来ていない前にあなた達に対してそんなに多く誤解することがあります。…かもしれない、あなた達の宣伝の方式はある種類の文化が孤立することをもたらしました。”
   
 “文化が孤立します”の言い方は明らかに度を過ぎました。世界で人が中華の文化の悠久で光り輝くことを否定することはめったにないため、人が中国の器物の文化と飲食の文化を拒絶することはもめったになくて、今“中国語ブーム”も次第に興っています。しかし、否認できないで、中国は主流の文化のの外でつないで、ここ数年はある程度改善しますが、一連できわめての“左”の、独りよがりなのが一方で習慣を注ぎ込むことを放棄して、しかし依然として深刻な問題が存在しています。国際間は私達の文化の言葉に対して、全体の上で依然としてあって受け入れる状態が好きではありません。
   
 これは政治の偏見からですか?実はではなくて、中国が2度の世界博覧会に参加することにとって、2001年にドイツハノーバーの世界博覧会が開幕する前に、世論調査によると、中国館は“最も見たい館”一つの中で第二位で並びます。しかし問題はどれにありますか?
   
 私はハノーバーの世界博覧会の中国館を見たことがあって、印象の最も深いのは万里の長城と京劇のくま取りのピクチャーで、いくつか中国の景色の名所の写真の明かりの箱がまだあって、更に1基の大きくない長江三峡のプラモデルで、1つの中国人は月の幻想式の模型に上がって、最後に1個の標識の鍼灸のつぼを付けている人体の鋳型で、側はいくつか漢方薬を放しました。すべての並んで入った外国の観衆、人がある1つの隅で停止することはめったになくて、すべて使って何分の時間が慌ただしく歩いたことがあるので、輸出にずっと奔走します。
    
2005年の日本の愛知の世界博覧会の中国館、明らかに努力をしたので、しかし道理にかないどれだけ大きくか様子が変わりますかが読み上げますかますありません。その時、世界博覧会の表門の口はコンピュータのスクリーンがひとつあって、上は標識をつけだしてこの時どの1つの国家館まで(へ)入り口でどれだけの時間を待たなければならなくて、あのスクリーン、ほとんど各国の文化の魅力のひとつの試合の札になって、たとえば、フランス3時間、韓国3時間半、日本4時間。中国館の入り口は大体において待つ必要がありません。
   
 2度の世界博覧会の苦境は中国の文化の対外交流の時のいくつ(か)の重大な弊害を反映しました:一、とても自分では中華の文化をわかりますますと思って、中華の文化のいかなるひとつの本当のエネルギーが探し出せないで人のシンボルの画像を引きつけて、探し出したのはすべてそんなに味気なくて粗末です;二、ほとんど現代の国際間の高層の審美の傾向を知らないで、各国の観衆をすべて“国を愛する古い華僑”に空想しました;三、あれらの最も発達した国家さえ慎重に全国の一流の文化の智者に自分の国家の文化のウィンドウを設計しにきますもらう、私達は明らかにある政府の部門の下役の1つの行政の行為になって、もっと幾重にも審査するのがもっと平凡で型通りです;四、盲目的に中国の古代の文化の近代的な魅力を過大評価して、展示館の主体の内容を思っています――いっぱいな壁の浮き彫り、四大発明、戦国時代の諸子、珠算と出土文物は各国の観衆を停止して仰ぎのぞむことができ(ありえ)ます。ドイツ館と比較して、中国館は知恵の巧みな構想・考案に不足します。フランス館と比較して、中国館はあざけるユーモアから不足します。日本館と比較して、中国館は不足して未来の革新に直面します。韓国館と比較して、中国館は分かりやすい親切さと美しさに不足します……カナダはいっしょにいて、中国館は深刻に知恵が不十分で、革新が不十分で、想像が不十分で、不十分なことは親切で、対話が不十分です。
   
 極端に中国の文化の独特性を強調することができ
ません
    2期の世界博覧会の中国館の教訓を借りて、派生し始めて、中国の文化が対外交流の時また一連の観念の問題が存在すると証明します。これは文化交流の起点で、真剣に必ず直面しなければなりません。
   
 第1、文化は高い元気な方面まで(へ)上で、人類の共通の元気な価値です。民族の価値を人類に置いて上に値して、私達の文化交流の上の一大の障害です。中国の文化は確かに偉大で、しかし決して全体の人類の究極の意義の上の特殊性を持ちません。たくさんの人は、中国の文化は多くのものを独創して、たとえば、“自分の、人で”の、“人を基本にします”を与えるなかれ、実は、これらの原則は人類の別の文明の中でも出したことがあって、私達の独創ではありませんとすべて言っています。その他に、“平和”、“科学”、“調和がとれています”、“平衡”、“時代とともに進みます”のこれらの概念のようで、ずっと全体の人類の智者所が共に堅持したのもで、私達はいつもそれらにいくつかの的確な政策の意味を与えて、しかし文化の意義の上で中国の文化の独創に言ってだけあるべきでありません。
   
 逆に、私達はまたいつも誤解がひとつあって、たくさんの人類の共通で元気な価値を西洋文化に思って、一説の西洋文化はまた直ちにナショナリズムのを生んで心理に用心します。結局、明らかに人類の共通で元気な価値の中で身を置いて、どうしてもナショナリズムの言葉を言って、あくまで自分で下がりましたを、また他の人がよく知りませんに溶けられました。
    
もし私達はもっと多く中国の文化が人類の文化の一部なことを承認するならば、口頭で行って承認しているのではありませんのは心の底の中で承認しているので、情況は大いに様子が変わることができ(ありえ)ます。たとえば、つい最近、いくつかカナダの中国系の学者はみごとに南京大虐殺を教科書に書き込んで、彼らは、以前は私達の中国人はよく中国の苦難を訴えていましたと言います。外国の学生会は向こうへ行っていた戦争の中世界で苦難に会う民族がとても多いと感じて、あまりに気にかけることはでき(ありえ)なくて、私達はこの事を近代的な世界の公民の必ず守らなければならない人道のアンダーラインに昇格させて、それなら広範に受け入れましたことができますに。
   
 ハノーバーの世界博覧会の上で、ドイツ館の大広間は一大がドイツの偉人の完成していない塑像を積み上げるので、ベートーベン、ヘーゲル、マルクスなど、ドイツの偉人はすべて自分の国家で完成することができなくて、すべて全世界に向かって、理由はそのため世界の各国の観衆に心の中で完成させますと告示の札の上で言います。その上、また世界の各国の観衆に黒板の上で自分の国家で有名なドイツ人を補充してもらいます。ドイツ人それでは誇り、民族性を世界性と対話性中に置きます。フランス館のテーマはフランスが十字路を歩くので、どこへ行きますかが分からないで、世界の各国の観衆が考えを出すことを望んで、それらはすべて文化の外インタラクティブな価値に向ってに突き出ました。 文化の相違は衝突を招きますとは限りません
 、第2文化は高くて元気な価値まで(へ)上で人類が共通であることを承認して、それでは、具体的に形態が現れる上に相違が互いに与えることを承認します。この両方で、私達はいつも逆さまにしたことをやって、一方では共通の精神に対して心に値して気がかりを貯蓄して、一方はまた同じ傾向があることがあり得ない文化の形態に対して同じ傾向がある式のまちがって誘導することを行っています。例えば、よくあるこのような報道と評論:“京劇は世界を征服しました!”、“米国ハリウッドと日本のアニメ・漫画が中国青年を奪い合います”、待って、文化の形態の問題を上昇して国家になって、民族化の統一の思惟が溶けて、文化の形態の上で生きるか死ぬかの衝突を空想しています

営業 求人
事務 求人
経理 求人
神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
埼玉 求人
名古屋 愛知 求人
CCNA
CCNA

広告

投資マインド

10月14日、中国共産党の江蘇省委員会の統一戦線工作部は南京で中国を開催する標準的な草書の学生のクラブの社長は儀式を任命して、尉の天池先生は招聘を引き受けて中国の標準的な草書の学生のクラブの社長を担当します。中国の標準的な草書の学生のクラブは民主主義革命の先駆者、国民党の元老、書道の大家から右任先生が1932年にで上海で創立して、そして任社長にキスします。“標準の粗雑な本屋”の創立と発展は台湾海峡両岸と海外でかつて深遠な影響を生みました。1984年6月、中国国民党革命委員会中央主席屈武とを通じて(通って)右任先生の居候の胡公石先生で呼びかけて、中央の統一戦線工作部を通じて(通って)許可して、粗雑な本屋は北京で再建を宣言して、胡公石先生から第2担当して社長を担当します。
  尉の天池は中国の書家協会の副主席を担当していて兼ねて委員会の主任、書道の訓練センターの教授と江蘇省文聯の副主席、書道協会の主席を創作します。彼は南京師範大学の先輩の教授で、美術は学科のリーダーを学んで、美術の学部主任と日本の文部省を以前に務めて特に書道の教授と国立の愛知教育大学の本の言う科の首席の書道の教授を招聘します。彼は江蘇省人民代表大会の第5、6、7、8の回の代表大会の代表で、第7、8の期の常務委員兼教育・科学・文化・衛生委員会の委員、彼は国務院の特殊な手当を享受する専門家です。数十年来、彼は我が国の伝統の書道の芸術を継承し発展するので、多くて優秀な書道を育成して人材と書道の教師を創作します。彼は書道の作品、書道の教育、書道の理論研究の上で成し遂げて突き出て、国内外で高い名声を有します。

M&A
カフェ
キャッシング
地球温暖化
美容navi

私の故郷は江西の泰和県で、同じく湖南湘潭県で、湖南の南西の綏寧県です。この点、私の熟知した多くの人とすべて経緯を知りません。その原因を追求して、少なくとも4あります:1つは私は平安な寧隻で生活しましたごく短い4年余り;2は私が1つの現地の方言さえ言うことはでき(ありえ)ないのです;3は歴史の原因が私の故郷に対する長期の隔たりを招いたためで、――私はこれまですべて北大荒を“故郷”と呼ぶので、私はウスリー川畔の饒河県で生まれるだけではなくて、その上あの黒土の土地の上でずっと約15年生活していました;4はそこにほとんど私の密接に連絡を取り合った学友と友達甚だしきに至ってはとても親しい親戚がないのです……だから、私はほとんど帰りなくて、同じくほとんど話題にしなくて、甚だしきに至っては私はここ30年来のに合って県委員会の書記、県長を歴任してすべて何も知らないで、同じくずっと関心を持ちません。しかし、私の祖先はそこに根を下ろしてそして600年余りしだいに多くなって、彼らもすべてここで土壌に変わって、だから、これに対して、私はまったく無関心なことはでき(ありえ)ませんとどのように言うに関わらず。更に、血管の血縁は捨て去ることができないので、私と私の息子だけではないのが履歴書を書き込む“原籍”の柵の時にずっと“平安ですむしろ”をそのまま用いて、その上私達もすべて長幼の順序を使って名前をつけにきます。特に、私はずっと忘れることはでき(ありえ)ません:綏寧県武陽鎮のチガヤの坪村中隊の水たまりは村民のグループのありかの中隊の水たまりに向って私の最も具体的な故郷ですに向って。平安なむしろの祖先に話及んでくるのとなると、必ず英公を試みてから始めなければなりません。

新しい家系図の扉を開けて、1幅のカラーの肖像画で、肖像画の中に3人がいます。中間はあちらが軍装を身につけています、(あるいは提げます)冷兵器を持っています、マレーシアに乗っています、ひげの主役にアメリカに留学しているのが英公を試みるのです、その左側の傘をはさんでいる人は何といって、その右側の責任を担っている人は勘弁します。私の父は過去何回も私に対して“の周充軍を言って、饒挑担、何は傘をさして”の口頭韻文すぐこの状況を指して、その上故郷は確かにあって姓と何の姓を勘弁して、見積もりは当時の身分と関係があります、だから、今までも人口はあまりありません。多少ただ分からないだけ:この“兵役の刑に服させる人”は工期の冬の官の源の計画(2世の祖)にぐずぐずして遅れたのであるべきで、彼のあの時の“兵役の刑に服させます”の地は今日の貴州錦屏県にになります。その長男は英を試みてかつてただ巻き添えだけを受けたことがあるのとなると。更に合点がいかないのは、それから三世の祖が英を試みるのは手柄を立てる人の身分私の故郷に来たので、どうしても其生、死んで、埋葬する情況を記載していません。まあご覧あれのこの文字:英公“の永楽を2年試みて正月15日に小太鼓に来て、その時、計画は公の年を取って、雲南貴州の乱すことに値して、英公は父を引き継いで小太鼓を担当して守ります。遠征して功労があって、財政部は英公を上奏して靖州から平安なことに来て村を避けて、地面を防衛します。”要するに、家系図が属することに英公をすることを“村の亡くなった祖父をおります”あるいは“下ろして始祖を担います”と呼ぶのはまちがいありません。

前すでにおよびを述べて、1394年に英公の祖父の泉湖の公逝去を試みて、その祖母の黄太君1401年に逝去、その上彼らはすべて湘潭県で埋葬します。それでは、英を試みる公はいつそれを引き継いで父の源の計画のあの“小太鼓が守る”1職をけなされたのですか?1404年(つまり明るい永楽2年)。そのために断定することができて、1404年の時に源の計画の尚在世。彼が湘潭に帰るかとなるとそれとも錦屏で老いて死ぬか、知るよしがありません。しかしその息子について行って英を試みてむしろ平安なことに来ることはでき(ありえ)ないことを見積もって、さもなくば、記録があるべきです。もちろん、このような可能性がもあって、あれは彼に限られるのが“罪をつけます”の人が秘密にして発表しないのなので、月日のたつうちに懸案になった。

もちろん、“下ろして始祖を担います”の英を試みる公は孤独な人ではありませんて、その夫人の陳氏は後世に尊重されて“村の亡祖母をおります”になられます。夫、おじさんと同じに、陳氏も熟していない兵が不明なのです。彼女が育てて3人の息子がいます:祖先の知恵、祖先は信じて、宗礼。明日人が見ることとを信じて、名前をつけて“仁、義、贈り物、知恵、手紙”から来て、――ほほほ、“文革”の後期の全国の大量の“儒学の思想”の時に、おれは“3綱と5常”に背負って下きました。この“仁、義、贈り物、知恵、手紙”は“五常”です。その意味:仁は広くて厚くて、義は正直で、贈り物は遠慮するので、チリは才能で、信じるのは誠実です。この5つの字をばかにしてはいけなくて、それはしかし中国は体系の中で最も核心の要素に値します。私の母は1初級中学クラスメートは忠義を述べることを叫んで、私達が彼を叫ぶのは“叔父”で、その5の兄弟の名前の中間の字はすべて“忠実です”で、最後に1つの字はそれぞれ“五常”からとります。英公の長男を試みる祖先の知恵として私達の4世の祖で、彼から実質性の発展があったのです。

クレジットカード比較
クレジットカードについて
転職
平均年収
アンチエイジング

Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!